髪の毛が丸く抜けた2

  • 2015.10.18 Sunday
  • 00:00
円形脱毛症の治療法に、変わった治療があります。円形脱毛症は局所の毛に対する免疫異常ですが、その起こっている部分の皮膚にかぶれやすいものを塗ってかぶれを起こして毛をはえさせるという治療法です。毛に向いている免疫反応を、皮膚のほうに向かせて、毛への免疫反応を抑えて毛が生える、という方法です。当然かぶれを起こさせるので、かゆみがでます。でも、ステロイドの塗り薬で反応がなかった人で、この方法で生えてくる人はいます。反応が強いと、かぶれを起こすものを塗った毛の抜けたところ以外も痒くなる全身症状がおこることがあるので、塗る量を慎重に調節します。

 川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

髪の毛が丸く抜けた

  • 2015.09.20 Sunday
  • 00:00
髪の毛が丸く抜ける病気があります。円形脱毛症といい、体を守る免疫機能が部分的に自分の体の毛を攻撃し、部分的に抜けてしまうのです。どうして一部分だけ抜けるのか、丸く抜けるのか、それはわかっていません。治療の基本は、その部分の免疫を抑えるため、ステロイドの塗り薬を塗ること、反応が悪い場合その部分にステロイドの注射をすることです。いっぱい増えてきたり、全部ぬけたりする場合は、ステロイドの飲み薬を使うこともあります。大量に点滴することもあります。

 川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

耳が突然腫れた!

  • 2015.08.16 Sunday
  • 00:01
朝起きたら突然耳の一部が腫れていることがあります。痛みがあり、もともとしこりがあった場合は、粉瘤という皮膚の下に皮膚のふくろがあって、それが破れて炎症を起こす炎症性粉瘤か、生まれつき耳のまわりに穴があり、そこにたまった角質が漏れて炎症を起こした先天性耳瘻孔のいずれかが考えられます。そうではなくて、何もしこりがなく、突然ある程度の大きさの腫れができた場合、寝ているあいだにこすれることで、皮膚と軟骨の間に血がたまる血腫ができた場合です。時間が経ち、血液成分が吸収されて体液のみの貯留となると、耳介偽嚢腫と呼ばれるものに変わることが推察されます。硬い組織に置き換わると、柔道選手やレスリング選手の、いわゆるぎょうざ耳になるのでしょう。


川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

クレナフィン外用液

  • 2015.07.19 Sunday
  • 00:00
爪水虫の治療の基本は飲み薬ですが、何らかの理由で飲み薬が使えない人や塗り薬での治療を希望する場合、通常の足の水虫の塗り薬を爪に塗るしか今までありませんでした。しかし、爪水虫に効果の高いクレナフィンが処方できるようになり、塗り薬でも高い確率で治ることが期待できるようになりました。1日1回爪に塗る薬で、爪以外の皮膚に塗ると、刺激症状が出て皮膚炎を起こすので、爪だけに塗る必要があります。これまでの塗り薬で効果が不十分だった人でも、塗り薬で効果を見込めます。


川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

ベピオゲル

  • 2015.06.14 Sunday
  • 00:00
にきびの新しい治療薬が処方できるようになりました。ベピオという塗り薬で、過酸化ベンゾイルがその有効成分です。欧米では市販薬で使われていて、日本で最も有名なにきびの市販薬であるプロアクティブも、欧米ではそれが入っています(日本のには入っていません)。抗菌作用と角質剥離作用があり、通常の抗菌薬とは違い、薬が効かなくなる耐性菌を作らないため、欧米のにきびのガイドラインでは抗菌作用のある外用薬では第1選択とされていました。ただ、やはり角質剥離作用があるため、3分の1の人にひりひりした刺激感がでます。その場合、他の塗り薬に変更します。


川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

虫刺されがなかなか治らない

  • 2015.05.17 Sunday
  • 01:00
虫刺されのあとがなかなか治らないことを経験したことがあるかもしれません。痒みに対して掻き続けていると、かくことで皮膚が盛り上がり、盛り上がった皮膚自体の痒みが取れなくなる痒疹というものに変わる場合があります。この場合、かくのをやめる必要があり、いろいろな治療をして痒みを抑えるようにします。そうではなく、痒みがないのに茶色いしこりがずっと残る場合があります。これは虫刺されなどの傷をきっかけにおこる皮膚線維腫というできものです。良性のもので、かつ本当の腫瘍ではありません。教科書にはいずれ消える、とは書かれていませんが、子供や若い人に結構できるのに、高齢者である人は少ないので、自然に治ることがあるのでは?と推測しています。また、手術的に切除しても、虫刺されよりも大きな刺激なので、またできる確率がほかの良性腫瘍より高い印象があります。


川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

ヘルペス

  • 2015.04.19 Sunday
  • 00:00
風邪をひいたり体調の悪い時に、くちびるの近くに小さな水ぶくれができる、それがヘルペスです。福井の人はかぜの時に出るのでかぜ熱と呼ぶことがあります。出る前に特有の違和感を感じる人がいたり、出ている間痛かったりします。ヘルペスはウイルスが起こす病気で、一度感染すると体の中の神経の根の部分に残り、疲れたりすると出てくるのです。そのため塗り薬はあまり効果がなく、治療が必要な場合は飲み薬でウイルスを抑えることになります。もちろん感染症ですので、体力が戻れば自然に収まります。逆に体調が戻らないと、飲み薬を飲んでもなかなか治りません。


川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

腕時計の革ベルトのところだけが痒くなる

  • 2015.03.22 Sunday
  • 00:00
腕時計のベルトの形で皮膚が赤く痒くなることがあります。時計本体の部分だけがきれいに普通の皮膚で、ベルトの形で皮膚炎を起こすのです。いろいろ腕時計を毎日変えていると、どれが原因かわかりにくいです。というのは、接触皮膚炎というものは、触れて2日後に起こすのですが、それを知らないと皮膚炎がおこったときに使っていたものが悪いのではないか、と思うからです。毎日同じ革ベルトの腕時計をしていると、この革が原因かな?と思い至ります。でも、同じ革ベルトをしていても、皮膚炎を起こす時と起こさないときがあります。革ベルトでも、植物なめし(タンニンなめし)では皮膚炎を起こしにくいのですが、金属なめしのベルトだと、なめす時に使うクロムが原因で金属の接触皮膚炎を起こすのです。しかも、毎回起こすのではなく、腕にまで汗をかいて革ベルト中の金属が溶け出す時におこるのです。この場合、クロムを含まない金属ベルトへの変更で起こらなくなります。

 川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

下着の部分が夕方痒くなる

  • 2015.02.22 Sunday
  • 00:00
夕方お風呂に入るときに、パンツやブラジャーの部分が赤くなって痒くなることがあります。これは圧迫でじんましんが誘発されているもので、圧迫自体が原因ではなく、じんましんが出やすい状態の時に下着の締め付けで誘発されている状態です。痒みが気にならなければ別にそういうものだという理解でいいのですが、痒くて掻いてしまうようならゴムの圧迫がおこらないようなゆるめの適正なサイズの下着を身につけると起こりにくくなります。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

長時間ストーブで温めていた部分が茶色い網目状の色がついた

  • 2015.01.25 Sunday
  • 00:00
寒い日に数時間少し離れた熱源である部分を温め続けると、網目状の茶色い色がついて治らなくなることがこの時期におこります。低温熱傷とも異なり、時に水ぶくれができることもありますが基本は色の変化だけです。昔の人が「火ダコ」と呼んでいた症状で、ずっとストーブなどに1か所だけあたることをやめると数か月で焼失します。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM