首の痒み

  • 2011.11.30 Wednesday
  • 00:00
 寒くなってきて、首の前の部分が赤くカサカサして痒くなる症状が出る人が増えています。特にしわの部分に症状が強く出ることが特徴的ですが、脂漏性皮膚炎という自分の皮膚のあぶらで赤くカサカサしてくる症状です。脂漏性皮膚炎は、顔や頭、わきの下や外陰部といった毛の多い部分におこりやすい、皮膚のあぶらが原因となる皮膚炎です。しかし、首も結構皮膚のあぶらの分泌があり、寒くなって皮膚のあぶらが洗っても落ちにくくなると症状が出やすい部分です。とくに洗うとしみるような痛みが出て、洗うのを避けるとかえって症状が強くなっていきます。寒い時期は丁寧に洗うか、湯船につかって皮膚の温度が高くなり、皮膚のあぶらが柔らかくなってから洗うことが効果的です。自分では皮膚を洗えない赤ちゃんの場合、寒い時期とは関係なく首のしわの部分が赤くなることがあります。特にお湯につかるのを嫌がってあまり洗えない場合に症状が強くなります。なるべくゆったりとお湯につかって、頭や顔、首を石鹸で洗えると赤くなりにくくなります。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -