顔がカサカサして痒い

  • 2011.12.10 Saturday
  • 00:00
 寒くなってくると、顔がカサカサして痒くなる人が増えてきます。特に眼のまわりや口のまわりがカサカサして赤くなる症状が出やすいです。寒くなると皮膚の温度も低くなり、皮膚のあぶらもかたくなって普段通り顔を洗っているとうまくあぶらが落ちにくくなります。目のまわりはくぼんでいるので、眼のまわりを洗おうという意識を持って洗わないと洗い残してしまいますし、鼻や口のまわりは飛び出ているのでその部分を洗おうという意識がないとうまく洗えません。そして洗いにくい部分は洗いやすいほほの部分よりも皮膚のあぶらが出やすいので、より症状が出やすくなります。しっかり全体を洗おうとすると、今度は逆にほほの部分が洗いすぎになって赤くなってしまったり、顔を洗う洗剤が悪いのかと思って水やお湯で流すだけにすると症状が強くなっていく場合もあります。また、カサカサするので乾燥肌と思い、保湿クリームを塗る場合があります。皮膚のあぶらが多いことで起こる脂漏性皮膚炎は、あぶらを加えると逆効果なので、カサカサは目立たなくなるのだけれどよくならないということが起こってしまいます。この時期は洗いにくくて皮膚のあぶらが出る部分を丁寧に洗い、洗いやすいほほは洗いすぎないことが大切です。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com