アタマジラミ

  • 2012.01.05 Thursday
  • 00:00
 頭が痒くなる症状の一つに、アタマジラミの感染があります。子供がかかることが多く、帽子の共有や一緒に寝るときに頭同士が触れ合うことで感染します。よく探すと虫を見つけることができますが、多くは髪の毛にくっついているシラミの卵で気づかれます。白く、一見ふけのようですが、髪の毛にしっかりとくっついており簡単には取れません。顕微鏡で見ると、ツボのような形をしており、診断できます。治療はスミスリンシャンプーを家族全員ですることです。スミスリンシャンプーをすると幼虫も成虫も死ぬのですが、卵には効果がありません。そのため卵がかえる頃を狙ってもう一度シャンプーをすることが必要です。今でも時々保育園、幼稚園、小学校などで流行することがあります。シラミの感染症にケジラミというものもあります。こちらは陰毛に感染する、性感染症で、sexworkerなどから感染することがあります。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -