虫刺されのあとが治らない

  • 2014.01.10 Friday
  • 00:00
夏に虫刺されになることは誰もが経験したことがあるでしょう。それが冬になっても治らないことがあります。虫刺されを痒いのでかいていると、かくことで盛り上がり、盛り上がることでかゆみがでて、痒いのでまたかくので盛り上がる、というのを繰り返す痒疹というものに変わってしまうというパターン。これに関しては掻くのをやめられれば治りますが、かゆいのでかいているので、かゆみを抑えるためにステロイド外用薬を塗る必要があります。それも、痒みがなくなっても盛り上がりが平らになるまで続けないと、また痒くなってかいてしまい、元どおりになってしまいます。
もう一つのパターンは、かゆくないけれどずっと盛り上がっているというパターン。これは虫刺されなどのちょっとした刺激が原因で起こる、皮膚線維腫という良性の変化で、何年も消えることはありません。いずれにしても、虫刺されのあとが治らないパターンは結構起こります。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com