皮膚が乾燥する

  • 2014.03.17 Monday
  • 00:00
皮膚が乾燥する、という言葉はよく使われますが、これは角質の乱れが生じ水分が保持できにくくなっている状態をさします。この皮膚が乾燥する原因が、皮脂が足りない状態でも、過剰な状態でも起こります。皮脂が足りない場合、つまり皮脂欠乏症では、なるべく皮脂を落とさない、つまり洗うのを避けることが大切です。保湿クリームをいくら外用していても、洗い続けるとクリームごと皮脂が取れてしまいます。逆に皮脂が過剰な状態、脂漏症では皮脂をしっかり洗い落とすことが必要です。かさつくからと安易に保湿クリームを外用すると、皮脂が過剰な状態がさらに悪化し、皮膚炎を起こしてしまいます。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com