長時間ストーブで温めていた部分が茶色い網目状の色がついた

  • 2015.01.25 Sunday
  • 00:00
寒い日に数時間少し離れた熱源である部分を温め続けると、網目状の茶色い色がついて治らなくなることがこの時期におこります。低温熱傷とも異なり、時に水ぶくれができることもありますが基本は色の変化だけです。昔の人が「火ダコ」と呼んでいた症状で、ずっとストーブなどに1か所だけあたることをやめると数か月で焼失します。

川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com