腕時計の革ベルトのところだけが痒くなる

  • 2015.03.22 Sunday
  • 00:00
腕時計のベルトの形で皮膚が赤く痒くなることがあります。時計本体の部分だけがきれいに普通の皮膚で、ベルトの形で皮膚炎を起こすのです。いろいろ腕時計を毎日変えていると、どれが原因かわかりにくいです。というのは、接触皮膚炎というものは、触れて2日後に起こすのですが、それを知らないと皮膚炎がおこったときに使っていたものが悪いのではないか、と思うからです。毎日同じ革ベルトの腕時計をしていると、この革が原因かな?と思い至ります。でも、同じ革ベルトをしていても、皮膚炎を起こす時と起こさないときがあります。革ベルトでも、植物なめし(タンニンなめし)では皮膚炎を起こしにくいのですが、金属なめしのベルトだと、なめす時に使うクロムが原因で金属の接触皮膚炎を起こすのです。しかも、毎回起こすのではなく、腕にまで汗をかいて革ベルト中の金属が溶け出す時におこるのです。この場合、クロムを含まない金属ベルトへの変更で起こらなくなります。

 川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com