ヘルペス

  • 2015.04.19 Sunday
  • 00:00
風邪をひいたり体調の悪い時に、くちびるの近くに小さな水ぶくれができる、それがヘルペスです。福井の人はかぜの時に出るのでかぜ熱と呼ぶことがあります。出る前に特有の違和感を感じる人がいたり、出ている間痛かったりします。ヘルペスはウイルスが起こす病気で、一度感染すると体の中の神経の根の部分に残り、疲れたりすると出てくるのです。そのため塗り薬はあまり効果がなく、治療が必要な場合は飲み薬でウイルスを抑えることになります。もちろん感染症ですので、体力が戻れば自然に収まります。逆に体調が戻らないと、飲み薬を飲んでもなかなか治りません。


川見皮膚科クリニックへ http://kawamihifuka.com